結局クリンチャー!



3か月以上いろいろやりましたが、結局・・・

クリンチャー(チューブド)に戻しました。5月に後輪がえぐれたのをきっかけにチューブレス化にチェレンジしましたが、この度あきらめました。 ※事の経緯はこちらから
 
6月あたりでは、前輪が1日もたずにベコベコになるほど抜けてたんですが、どうにかそれも収まり、「どこ行こうかな~」などと思っていたら7月は毎日のように雨でほぼ乗れず、8月は暑くて乗る気になれないなか、「乗ろうかな~」と思うと、今度は後輪がベコベコ状態でした。

空気を入れてしばらく様子見をしたり、近所を軽く乗ってみたりしてましたが、いろいろ頑張っても数時間も持たずにベコベコに抜ける症状にさいなまれました。ショップまで乗っていくのも怖いので後輪外してショップに持ち込み、いろいろしてもらって待つこと2時間弱。「治りました」とのことなので5気圧まで空気を入れてもらって持って帰ったところ、翌日には2気圧まで落ちてました。

自分で5気圧まで入れて待つこと1時間・・・

3気圧まで落ちたので、さらに3時間ほど放置してみるとベコベコ状態です。なので、タイヤを外し再び5気圧まで入れて振ったり回したりしていると「ブッッシャ~~」とバルブの付け根からシーラントが吹き出してきました。

それでシーラントが隙間を埋めてくれたのか、抜けはいったん収まった模様。翌日3気圧前後だったので、こんなもんかなと5気圧まで入れて放置したところ、2、3日後またもやベコベコに。。。

バルブの付け根から・・・

再びタイヤを外し5気圧まで入れて振ったり回したりするとやはりバルブの付け根からシーラントが「ブッッシャ~~」。しかも、こんどはふさがる感じもなく、ウッスラと空気の抜け音(シュ〜〜)が収まらず1時間もかからずにベコベコに。。。
ちなみに前輪はベコベコにこそならないものの1~2気圧がデフォルト状態となってました。

何日か預かって色々と試してもらうことに
なので 前輪後輪とも外してショップに持ちこみ、何日か預かって色々と試してもらうことになりました。 
で、待つこと2週間。
リムテープ貼り直したり、元々ついてたベースのリムテープを外したりなどいろいろと試したそうなんですが・・・結果、症状収まらずとのことで仕方なくチューブドに戻すことになりました。

結局のところ・・・

買ってから3か月しか乗っていない30cのタイヤを32cにしただけという・・・。タイヤ変えるだけなら28cにしたかったのよね~~。まぁこの時期(10月)ロードバイクは乗ってるだけで気持ちいいんで、細かいことは気にならないんですけどね。



コメント