鎌倉発!?中南米アロマのパロサント(Palo Santo)



ラテンアメリカに自生する天然の香木パロサント

パロサントはラテンアメリカに自生する天然の香木で、先住民からは「神の木」と呼ばれ、魔除けの儀式などに使用されてきました。
といった代物を購入しまた。


12cmくらいの木が3本入ってます。
(1本は使っちゃいました)


パッケージはこんな感じ
 

写真の説明にもありますが、「神の木」が3本入って¥1,100です。

効能書き

油分を豊富に含み、松やバニラ、柑橘系の香りをミックスしたような、濃厚な芳香が特徴です。
芳香剤・虫除けとして使用でき、焚いたり、お部屋や玄関に置いたり、吊るすなど飾りや芳香を楽しむことができます

と言ったものです。で、早速焚いてみました。



ライターで軽く炙る程度で火が点きます。適当なところで火を消して煙が出てる状態で部屋をうろつきます。なんか中南米の儀式っぽいです。雰囲気あります。
ただ、この時点では普通に木を燃やした臭いです。煙なので焦げ臭いです。
嫁曰く「割り箸燃やしたのと何が違うん?」だそうです。
このあたり、お香と違って即効性はありません。

時間が経てば、いい香り

いくら「神の木」とはいえ、木が燻った煙を直接嗅げば焦げ臭くもあり、むせたりもします。が、小一時間も経ってから部屋を出入りした際、フワッとほのかに薫る木の香りがイイ感じです。お香は焚いた時から一気に部屋に香りが広がるのに対し、こちらはある程度時間が経ってからの残り香で勝負です。ラテン系なのに奥ゆかしいです。

最近は、朝イチで「神の木」を焚いて家中を歩き回り、午後イチは気分によってお香にしてみたりなんていうのがルーティーンになってきました。日によって中南米の儀式だったり、お寺っぽかったりですが、住んでる人には分からない「他人の家の臭い」的にはイイ臭いの部類じゃないかと勝手に思ってます。

ちなみに、パロサントは鎌倉のSTOVEでかえます。

コメント